レストランに客足が戻る/新型インフルエンザ騒動

今日、近所のファミリー・レストランに行きました。先月10月から今月中旬ぐらいまで、レストランはがら空き状態でしたが、今日のお昼に行ったところ、そこそこ席が埋まっていました。ざっと見渡したところ、大体90%ぐらいの席が埋まっている様に見えました。大方、客足が戻ったというところでしょうか。

新型インフルエンザにより死者が増加し、それがニュースで盛んに取り上げられた当時は、がら空きで、今、いよいよ流行が深刻化した時になって、客足が戻っているのは、非常に不可解な話です。しかし、それだけ日本人はマスコミに踊らされやすいと言うことでしょうか?

今日レストランに行ったのは、お昼過ぎだったため、近所の主婦のたまり場になっていました。私は主婦ではないので、知りませんでしたが、世の中の主婦はこうして遊んでいるんですね。

広告