女の子の一人暮らしが危ない理由/誰でも危ない目に遭う可能性がある

女の子の一人暮らしが危ないという話をすると、大抵のお母さん方は、「うちの子はしっかりした子ですし、あまり男性にも興味を示さないので、大丈夫だと思います」などと言われます。しかし、それは甘い見方です。

実は、高校生ぐらいのうちは、ほとんど誰でもそうなのです。問題は、大学生になったときにどうなるかですね。夜一人でいても、全然寂しくないと思うような女の子でしょうか?もし一人暮らしで、夜一人になると、寂しいと思う可能性あるのなら、すでに危険です。

また、男性に興味を示さないと言っても、「男性が声をかけなければ、興味を示さない」というのであれば、全然当てになりません。かっこのいい、魅力的な男性が次から次へと声をかけてきても、全然興味を示さないことがはっきりしている女の子なら、安心です。しかし、理想的な男性に声をかけられると、気持ちが揺れるようでは、危険きわまりないです。

そもそも、年齢を経れば、体内の女性ホルモンの分泌状況なども変わって来ますから、男性への興味も強くなる可能性があります。結局、男性に対して興味を持つというのは、人間の本能ですから、時期が来れば、どうしても出てきて当然のことです。出ない方が異常です。

「いつも熱心に勉強している」というのも当てになりません。大体、大学では、高校ほど勉強で追いまくられることもありません。また、監視する親や教師もいませんから、本人が本当に心の底から勉強することを求めないと、勉強しないものと思っても間違いではありません。もし勉強しなければ、暇で仕方ありませんから、危険なことにも手を出すようになります。

もちろん、本人がしっかりしていても、大学生ぐらいの年頃の女の子は、男性の注目を浴びますから、襲われる可能性は飛躍的に高くなります。ほとんどの女の子は、大学生になると、化粧もしますし、服装も派手になりますから、注目度がずっと高くなります。男から見ると、魅力的になりますから、襲われる可能性もそれだけ高くなります。

若い人は、女の子に限らず、誰でも変化が激しいです。しかし、中でも、女の子の変化は一番激しいでしょう。高校生の時の様子を元に自分の娘は大丈夫だと高を括る(くくる)のは危険と言うことです。

関連ページ:
女の子の一人暮らしは危険/島根県立大学の女子学生殺害事件に思う

広告