虫はしぶとかった/掃除機の中にわいた虫と防臭加工の紙パック

昨日、掃除機の中に虫がわいていて、あわてました。掃除機内を過熱して、虫を殺したつもりでしたが、何と、生きていました。ダニは死んでも、普通の虫はちょっとぐらいの熱では死なない様です。今朝、紙パックを取り替えようと思って、ゴミの入っている前の紙パックを取り出そうとしたら、また紙パックから虫が外に出て、うごめいていました。今回は総勢2~3匹です。たぶん、紙パックの中にまだたくさん生きたままうごめいているのでしょう。

ところで、メーカー純正の無添加の紙パックを探していましたが、インターネットで調べて、メーカーに聞いたら、それらしきものが見つかりました。メーカーの話によると、他の紙パックに使われているフラボノイドという消臭剤は食品にも使われていて安全だと言うことですが、やはり安全かどうかよりも、安心かどうかですよね。どうせ消臭効果なんてないに等しいのですから、無添加が一番です。

それにしても、防虫剤も何も使っていない無添加の紙パックを使うとなると、やはり、掃除機内を加熱処理して、できる限り虫を殺すようにしながら、なるべく早めに取り替えた方が良さそうですね。

関連ページ:
掃除機の中に虫がわいていました (はるか彼方の星の光)

広告