高齢者のための踏み台昇降運動

実家のおばあちゃんがぼけて、運動もほとんどしないため、何とかしようといろいろ検討していました。いろいろ考えましたが、踏み台昇降運動なら室内でもできるので、これから冬になっても実行しやすいかもしれないと思いました。

しかし、踏み台昇降運動というのは、かなりきつい運動です。私も子供の頃、踏み台昇降運動をやろうとしたことが何度かありました。実家の階段を使って踏み台昇降運動をやったのですが、きつすぎて長続きしませんでした。

いろいろ調べてみると、階段で踏み台昇降運動というのは、高齢者には無理な様ですね。私が子供の時にも無理でしたから、よぼよぼの老人には到底無理です。調べてみると、高齢者に適した踏み台の高さは5センチの様です。慣れてきて、高くしても8センチまでだそうです。

踏み台昇降運動用の踏み台は市販されていますが、調べてみると、10センチが一番低いようです。これでは高齢者用には高すぎることになります。5センチの踏み台昇降運動用の踏み台というのは、売られていない様です。

そうなると、結局、自分で作るより他にありません。大きな菓子箱に新聞紙を詰め込むとか、電話帳で代用すると言う方法があるようですが、老人用ともなると、安全面を考えて、もっとしっかりしたものにした方が良さそうです。

そこで、すのこを踏み台昇降運動用の踏み台にしようと考えました。そこで、今日、ホームセンターに行き、すのこを買って来ました。高さは4.5センチで、まあまあです。滑るといけないので、上部と下部の両方に滑り止めのゴムを貼り付けました。これで滑らないと思います。あと、転倒防止のため、四隅につっかえをつけて、端を踏んでも、大丈夫なようにしました。

まだ、製作途中ですが、これで何とか踏み台昇降運動用の踏み台ができそうです。

関連ページ:
高齢者用の踏み台昇降運動の踏み台が完成
ぼけた結果の悲惨な末路
ぼけるとこうなる/認知症の実例

広告