危険なホチキスの針

今日、部屋の中を歩いていたら、床に落ちていた紙を踏んでしまいました。ただの紙ならよかったのですが、その紙はホチキスの針が打ってあり、しかもそのホチキスの針が立っていて、見事に足の裏に突き刺さりました。

「痛い」と思って、足を上げると、足の裏に紙がくっついていたのですが、足を振っても取れません。よく見ると、ホチキスの針が足に刺さって、紙が足にくっついていたと言うわけです。

手で紙を引き離して、ホチキスの針を抜きましたが、見ると血が出ていました。消毒薬で消毒して、ばんそうこうを貼りましたが、足の裏はばんそうこうが意外と貼りにくい上、貼ってもすぐに取れてしまいます。包帯を持っていないので仕方ありませんが、本当は包帯をするのが正解かもしれませんね。それにしても、これからは、床に紙が落ちていないように気をつけないといけません。

広告