女の子の一人暮らしの危険度/強姦や痴漢に遭う可能性

女の子が一人で暮らすと様々な危険があります。千葉大学や島根県立大学の事件が次々に起き、この問題について考えている人はたくさんいると思います。いったいどれぐらい危ないのか。それは、18歳や19歳ぐらいで一人暮らしを始めてみないと、実感はわかないと思います。

個人的に知っている範囲で言えば、私の場合、何度も危険な目に合いました。電車の痴漢は普通にあるので、いちいち言い立てるまでもありません。自転車で走っていて、夜道で飛びかかられたこともありましたね。これは本当に危ないです。

夜、真っ暗な道を歩いていて、話しかけながら、中年のおじさんが近づいてきたこともありました。それから、夜道を歩いていて、車が近づいてきて、乗せられそうになったこともありました。

まあ、私は日が暮れたら、自分の住む部屋からは出ないようにしていましたから、この程度で済みました。しかし、他の学生のように出歩いていたら、この何倍、何十倍も危険な目に遭っていたでしょう。幸い、私の場合、お金がないので、外に出ようにも、電車賃もなく・・・。

他の人の例を言うと、私の知り合いは、夜道で長距離に渡り追いかけられたことがあるそうです。これは怖いですね。あと、トイレに入ったら、上に顔があったという話もあります。

さらに、別の人は、スーパーから自宅のマンションの部屋まで尾行されて、全然気がつかなかったそうです。尾行してきた人には、室内に入られ、翌朝まで出て行ってくれなかったとか。

また、部屋のドアを開けたら、大学の先輩に侵入され、2か月間、監禁されたとかいう事件にもあっています。それから、中学生にストーカーされたとか。大学のクラブの部室で寝ていたら、痴漢に遭ったとか。やられる人はやられまくっています。

私と同じアパートの別の部屋に住んでいた女の子は、何度も強姦されている様子でした。本人が言わなくても、物音ではっきりわかります。この子は、そのうち、もっとひどい目にあって、実家に帰ってしまいました。

別の女の子は、強姦されそうになって、「きゃーーー!!!」と大声で叫び、助けを呼んでいました。この子は、その時、強姦されずに済んだようです。その後は知りません。

大抵の女の子の一人暮らしは、こんな感じですね。もちろん、強姦された体験など口外する人はまずいないので、強姦の実態はあまりわかりません。しかし、これだけ危ない目に遭っているのなら、上記の女の子以外の人も、何度でも強姦に遭っていそうな気がします。

関連ページ:
女の子の一人暮らしが危ない理由/誰でも危ない目に遭う可能性がある
女の子の一人暮らしは危険/島根県立大学の女子学生殺害事件に思う

広告