英語力はなかなかつくものではありません

英語力というのは、なかなかつくものではありません。よく世間では6か月で英語が話せるようになるとか、3か月で英語が話せるようになると言っている英会話スクールや英語教材の宣伝を見ることがありますが、あれは全部うそです。広告がうそばかりなのは、世の常ですから、だまされる方も悪いです。人をだまして商売をしている人が、どうやってだましているのかよく研究しておけば、めったにだまされません。

商売でなくてもうそを言う人もいる様です。海外にしばらく住んだ後、帰国した人で、「アメリカに行けば、誰でも2~3か月で英語をマスターできて、みんな英語がぺらぺらになる」と言って回っていた人がいました。完全にうそです。アメリカなどの英語国に行けば、誰でもこれが真っ赤なうそであることがわかります。

英語の勉強は、非常に大変で、進歩はものすごく遅いです。これは日本語でも同じです。ものすごい速度で日本語ができるようになる日本人なんていませんからね。実験すればすぐにわかります。今、日本語の作文を書いても、3か月後に日本語の作文を書いても文章のレベルはほとんど変わらないはずです。英語ともなると、日本語よりもかなり学習速度が遅くなります。

英語を勉強していると、進歩が遅いため、とかくあせりがちです。世の中の多くの人は、自慢したいばかりにさも簡単に英語を覚えたかのように言いますが、全部うそだと言うことを知っておくべきです。個人的な経験で言えば、英語を習得するよりも、大学入試の数学で満点を取る方が10倍簡単です。物理や化学なら100倍以上簡単です。もし英語を簡単にマスターした人がいるなら、その人は、大学入試の全科目でほとんど勉強することなく満点を取っていることでしょう。そうでないなら、ただの嘘つきです。

英語は正しい勉強の仕方をきちんと守って、何年も何年も一日も休まず継続して勉強して、少しずつできるようになります。世の中に流布するうそに惑わされず、地道に勉強することが大切だと思います。良い学校は非常に少数です。たぶん、間違いなく効果の高いのは名古屋のソフィア外語学院ぐらいでしょう。もし近くにそういう良い学校があれば、そこに行けばいいのですが、悪い学校ばかりなので、ほとんどの人は自分で努力するしかありません。悪い学校が多いのは、それだけだまされる人が多いと言うことですね。しかし、自分で勉強しなければならなくても、あきらめずに正しい勉強方法を実践している限り、ちゃんと実力がつきます。ぜひ頑張ってほしいものです。

広告