歴史映画と史実/映画『風林火山』の場合

先日、『風林火山』と言う映画を見ました。題名でわかると思いますが、武田信玄の映画です。もっと詳しく言えば、武田信玄とその軍師の山本勘助を描いた映画です。井上靖の小説『風林火山』を原作としています。最近では、この小説を原作として、NHKの大河ドラマ『風林火山』が作られています。ただ、まだNHKの大河ドラマの方は見ていないので、どういうものかは知りません。ここでは、映画の方の『風林火山』の話になります。

ここから先は、ネタバレになりますので、映画を見終わってから読んだ方がいいです。

この『風林火山』と言う映画では、山本勘助が武田信玄に仕官する様になったいきさつとして、板垣信方を知り合いに襲わせ、それを討って知り合いとなり、武田信玄に仕えるようになったということになっています。しかし、実際には、山本勘助が次第に有名になり、板垣信方が武田信玄に推薦したため、武田信玄に仕えるようになったと言うことの様です。やらせで物盗りを討ち取って、その武勲で大名に仕えるなどというドラマや漫画みたいな話は実際にはないのでしょうね。

それから、諏訪頼重が武田信玄のところで暗殺される話がありますが、武田信玄が諏訪頼重を暗殺したというのも史実にはない様です。実際には、武田信玄が諏訪を攻め、諏訪頼重が降伏し、諏訪頼重は甲府に連行された後、自害させられたということの様です。映画にある様な暗殺はなかったわけですが、戦国時代には暗殺は珍しいことではなかった様なので、映画を見ている間は、本当に暗殺したのだと思ってしまいました。

また、山本勘助の風貌は、色黒で見にくい形相で、片目しかなかった様です。映画のような格好のいい顔ではなかったみたいです。何しろ、三船敏郎が演じていますからね。顔が良すぎます。仕官できないほど醜い顔というのは、どういう顔だったのでしょう。

それにしても、顔が悪くて就職に困るというのは、ずいぶん現実的な話ですね。顔のいい人が、就職もうまくいき、顔が悪いと、就職に困るというのは現代でも同じですが、昔もそうだったというのは興味深いです。本当の歴史は、現実そのものなので、さすがに現実的ですね。

関連ページ:
NHKの大河ドラマと史実との相違 (はるか彼方の星の光)
歴史ドラマや歴史映画と史実 (はるか彼方の星の光)

広告