遅配の末、やっと到着/ヤマト運輸

先週、12月17日木曜日に大阪宛に送り、岐阜県に行ってしまった宅急便ですが、12月21日月曜日午前10:15にやっと大阪の宛先住所に届きました。かなり大切な物を送ったので、非常に心配していましたが、遅れただけで済み、無事到着した様でした。不幸中の幸いですね。

それにしても、間違えて行き先の違うトラックに積んでしまうというのは、どういうことなのでしょう?伝票には、ちゃんと住所が書いてあるし、かなりきちんとした字で書く方なので、読み間違えるはずはありません。一時は、郵便番号を間違えたのかと思いましたが、郵便番号もちゃんと正しかったです。

こういう事故は、時々起こりますが、忘れた頃に起こるのでやっかいです。もしインターネットで荷物を追跡していなかったら、いったいどういうことになっていたのでしょうか?やはり面倒でも荷物の追跡はやっておく方が良さそうですね。

関連ページ:
宅急便が別の地域へ行ってしまいました/ヤマト運輸 (はるか彼方の星の光)
遅配に対するヤマト運輸の対応 (はるか彼方の星の光)

広告