ぼけるとこうなる/認知症の実例

私の実家のおばあちゃんがぼけ始めています。そこで、最近、認知症の専門医に診てもらっています。まだ、ぼけたと言っても、非常に軽い状態ですが、いろいろな症状が出ています。

1.すぐにものを忘れる。

2.日付や曜日の感覚がなくなっている。

3.身の回りの整理整頓や掃除ができない。

4.お医者さんで処方された薬を飲み忘れる。

5.体を動かさないので、運動能力が極端に減退している。

6.集中力が減退している。

順に見ていくと、まず、すぐにものを忘れます。直前に言ったことも忘れてしまうことが多いです。昔のことはよく覚えているようですが、最近のことはさっぱり覚えていません。テレビなどのリモコンの操作方法も忘れてしまっていて、いちいち教えないと、簡単な操作もできません。

次に、日付や曜日の感覚がなくなっています。日付や曜日を勘違いしていることは非常に多いです。水曜日なのに、日曜日だと言って、夜中に電話をかけてきたりします。

また、身の回りの整理整頓や掃除ができません。そのため、家の中は、腐海の森の様な状態になっています。掃除機も重いと言って、使おうとしません。畳の上に手をつくと、手にチリやホコリがいっぱい付き、驚いたことがあります。ハンディータイプの軽い掃除機を買ってあげても、使おうとしません。

せっかくお医者さんから薬をもらってきても、飲み忘れがひどいです。14日分もらってきて、12日分も飲まずに余っていたこともありました。これでは薬をもらっても仕方ありません。特に認知症の薬を嫌がって飲みません。自分は正常だと思っているからです。嫌がっている上に忘れるので、飲まずに放置されている様な感じです。

体力の減退もひどいです。恐らく一日中寝ているので、歩行もままならなくなって来ています。歩くと転んでしまいます。これでは危なくて仕方ありません。それでも歩いてもらわないと、寝たきりになってしまいます。しかし、歩くように言っても、なかなか歩きません。困ったものです。

その他、集中力が減退しています。一つのことをじっと考えることができない様です。そのため、話をするのも、なかなか難しいです。

軽いぼけの状態ですが、こんな風です。これが重症のぼけになるともっとすごいことになるのでしょうね。何とかしないといけませんが、回りの人間はみんなそれぞれ忙しいから、毎日、世話をしてあげることはできません。いくら言っても、自分で何とかしようという自覚もなかなか生まれません。そこが難しいところですね。

関連ページ:
ぼけた結果の悲惨な末路

広告